ビジネス英語と普通の日常英語の違いって?

コラム

ビジネス英語と普通の日常英語の違いって?

ビジネス英語と日常英語の違いとは

英会話スクールのHPやチラシをみると、ビジネス英語と日常英語は必ずと言っていいほどクラスが別に設定されています。では、両者に違いはあるのでしょうか。いずれもコミュニケーション力と考えれば基本的には同じですが、ビジネス英語の場合、日常会話をベースにした上で更に求められるスキルが増えます。例えば、日常会話では使わない「見積書」や「取引先」といったビジネス用語の習得はもちろん、業界や専門分野によって覚えなければならない単語も変わってきます。また、商談やプレゼンテーション、会議などの場面で、状況に合わせ的確に相手に伝えられる言い回しを身につける事も必要となります。

ビジネス英語とは

ビジネス英語に求められるスキルについて具体的にみていくと、まず、片言の単語でも意味さえ通じればよしとされる日常会話とは違い、マナーを踏まえた上で正確な文章を作り、フルセンテンスで会話することが大事です。英語には日本語の敬語にあたるものはありませんが、友人との会話をそのままビジネスに使うと失礼になってしまう事もあるため、ビジネストーク中の雑談であっても、言い回しや使ってはいけない単語に気を配りながら会話を進めることも重要です。例えば、「Thank you」を「I appreciate it」に変えるだけでぐっとビジネス英語らしくなります。

日常英語とは

一方、日常会話にはどういったスキルが求められるでしょうか。難しい単語を覚える必要はありませんが、マナーを無視し、片言の単語を並べるだけではうまくコミュニケーションはとれません。口語表現や単語の羅列で意思疎通が図れる場合もありますが、初対面の相手にはある程度丁寧な表現を使いますし、相手の気持ちを考えた適切な言葉の選択や気配りが必要な場面にも遭遇します。また、家族や趣味の話、雑談といった日常英語は、ビジネスを円滑に進めるために必要不可欠ですから、日常英語が会話の基本にあるという事は言うまでもありません。

ビジネス英語と日常英語のどちらを高めたい場合であっても必要になるのは英語の基礎力

・大きな違いはないという趣旨の内容
ビジネス英語と日常英語は全く別物という認識を持つ人も多いかもしれませんが、実を言うと日常英語の延長にビジネス英語があり、コミュニケーション能力という観点から考えると、大きな違いはないと言えるでしょう。どちらか一方を選択するという事ではなく、まずは日常英語で使うフレーズや語彙等、基礎力をしっかり身につければ、自然とビジネスでも使える英語が話せるようになります。更に、それぞれの専門分野において必要なスキルを磨くことが、ビジネス英語を高める秘訣ではないでしょうか。