子ども英会話スクールの正しい選び方

コラム

子ども英会話スクールの正しい選び方

子どもに英語を覚えてもらいたいという親

小学生の子供を持つ人7千人にアンケートをとったところ、4千人以上60%の人が日常生活で困らない程度の高い英語力を求めていることがわかりました。次に国際ビジネスに携わる人に最低限必要な英語力を尋ねてみた結果、英検については8割以上が「準1級」、TOEICについては7割以上が「800点」程度の英語力が必要だと答えました。子どもに英語を習得させるのであれば、国際社会で自立できる英語力をつけて欲しいものです。そのため、子ども向けの英語学習の中から、どのような方法を選択するか悩む方は多いのではないでしょうか。

子どもにあった学習方法が大事

まずは留学させることですが、これはかなり悩む選択肢です。中学生や高校生で外国の学校に入学するとバイリンガルになれるので、親だけでなく子どもにとっても魅力的に感じます。でも、実際に外国にひとりで住むとホームシックなどで耐えられなくなって勉強どころではなく、すぐに帰国してしまう子もいるのです。同様に、英会話スクールに通わせる場合にも続くかどうかはわかりません。結局のところ、継続できるか、そして習得できるかは子供の次第です。だから、親は子どもに合った勉強の仕方を追求し、サポートしていく必要があるのです。

英会話スクールとオンライン英会話の比較

英語が話せるようになるためには、英語で話す機会を持つことが大切です。日本で英語で話す機会を作ってあげる方法には、英会話スクールやオンライン英会話でレッスンを受けることあります。英会話スクールでは日本で生活している講師に教わることができます。そのメリットは、日本人の英語の特性を理解していて学校英語の欠点をカバーしてくれたり、ローカルなネタを英語で表現する方法が学べることです。オンライン英会話のメリットは、リーズナブルな料金設定で、好きな時に自宅でレッスンが受けることができ、そして、たくさんの講師の中から自分に合った人が選べる点です。

継続することが大事

子供が無理をしてスクールに通ったり、英語教材と向き合ったりしていても学習効果は上がりません。なぜなら、英語習得には学習の継続が欠かせないので飽きてしまっては意味がないのです。そこで、子供のペースに合わせて、自分の家で受講が可能でリーズナブルな月謝のオンライン英会話がおすすめです。特に小さな子供は、母子分離(母親から離れること)が嫌で習い事に行きたがらないことがありますが、家でレッスンを受けるならその心配もなく、よりリラックスして英語を続けられるのです。さらに、子供の興味がある好きな事を題材にレッスンを組み立ててもらえるので、習得する速度アップも狙えて親には嬉しい限りです。