講師とスムーズなコミュニケーションをとる方法

コラム

講師とスムーズなコミュニケーションをとる方法

オンライン英会話を始めてしばらくすれば、何人かの講師とは自然と仲良くなってくるものです。講師と仲良くなればなるほどより深い話ができるようになりますし、講師も自分に対して親近感を持ってくれるため、より情熱を持って指導にあたってくれるようになります。講師にとって一番の喜びは自分の指導を通じて生徒の成長を感じることですから、講師と良い関係を築きながらレッスンを続けていくことで、結果としてより多くを教えてもらうことができるようになるのです。

そこで、今日は講師との距離を縮め、スムーズにコミュニケーションをとることができるようになるためのTipsをご紹介したいと思います。

  • 講師の名前を呼ぶ
  • レッスン中はスマイルを心がける
  • 講師についてどんどん質問する

Skypeを通じた講師と生徒という関係とはいえども、基本的には1対1の人間関係ですから、初対面の人と仲良くなるうえで大事なポイントを心掛けることが一番の近道です。

講師の名前を呼ぶ

人は自分の名前を呼ばれるだけ親近感が湧くものです。ぜひレッスンの初めや途中、終わりなどに講師の名前を積極的に呼ぶようにしてみましょう。

  • Hi, good morning Ellen!
  • Ellen, may I ask you a question?
  • Thank you very much for your lesson today, Ellen!
  • See you next time, Ellen!

上記のように、挨拶や質問をするときなどに講師の名前を自然に呼ぶ癖をつけるだけでも、ぐっと距離が近くなります。

レッスン中はスマイルを心がける

相手に親近感を与えるうえで一番効果的なのは、やはり何といっても笑顔でいることを心がけることです。笑顔は相手に対して敵意がないことを示すサインですから、こちらが笑顔でいれば相手も自然と警戒心を解いてより親しみを持って接してくれるようになるはずです。

英会話は英語の練習だけではなく、日本人以外と良好な人間関係を構築するための練習でもあります。海外の人は初対面の人でも笑顔で挨拶をするのが得意な人が多いですが、そうしたフレンドリーな態度を取ることを普段から心がけていると、よりスムーズに会話ができるようになるはずです。

講師についてどんどん質問する

より親密な関係を築くうえで大事なのは、相手に対する興味を示すということです。相手に対する興味を示すうえで一番有効なのは、何といっても相手に関する質問をすることです。

例えば講師がフィリピン人の場合、フィリピンについての質問をするのもよいのですが、講師個人に関する質問をするのも大事です。

  • 住んでいる都市について
  • 趣味について
  • 好きな食べ物について

などの無難な質問から、より仲良くなってくれば

  • 家族について
  • 将来の夢について
  • なぜ英語講師になろうと思ったのか

などなど、より個人的な質問をどんどん聞いてみましょう。そうしたやりとりを通じてお互いのことを深く知りあうことで、会話もどんどんと楽しくなってくるはずです。

また、フィリピン人の講師は家族をとても大事にしていますので、自分の親のこと、兄弟のことなど聞けば聞くほどとても詳しく話してくれます。Skypeを通じて家族を紹介してもらえるぐらいの関係まで行けば、だいぶ仲良くなったといえるのではないかと思います。

「英会話の目的は英語を勉強することなんだから、そんなに仲良くなってどうするんだ」と思う方もいるかもしれませんが、例え目的がビジネスであれ何であれ、やはり新しく出会った人と良好な関係を構築していくというスキルはとても大事なものです。

オンラインだけの会話でもある程度までは深い人間関係を築くことは可能ですので、上記のポイントを意識しながら講師と仲良くなってみてください!