オンライン英会話で発音矯正しよう!簡単な3つのポイント

コラム

オンライン英会話で発音矯正しよう!簡単な3つのポイント

ネイティブに通じる発音を身につけたい

人に道を聞かれたり、海外旅行で会話をするときに、外国人に英語が通じなかったという苦い経験をしたことはないでしょうか。自分の発音が悪いから通じないというのは分かっているのですが、どのように直せばよいのか分かりません。文法ができていても発音が悪ければ英語は通じませんし、話す力・聞く力がないと会話もできません。CDやDVD付きの発音の教材も販売していますが、発音矯正コースがあるオンライン英会話サービスの活用や、講師とのコミュニケーションを通して、正しい発音を学び、話す力・聞く力を身につけ、英会話を話す自信をつけましょう。

ポイント1 発音矯正コースや発音を意識したレッスンを受ける

発音矯正コースでレッスンを受けたい場合、対応していないオンライン英会話もありますので、発音矯正コースがあるか確認が必要です。発音矯正に特化しているオンライン英会話もあります。オンライン英会話によって異なりますが、主に発音記号入りのテキストを使って正しい発音の仕方を学びます。たくさんの単語の発音を練習することで単語の意味も理解でき、発音記号の正しい読み方も覚えられ、単語力強化にもつながります。レッスン開始前後に「発音を矯正したい」と講師に伝えておくのも方法の一つでしょう。発音矯正ばかり集中して特訓するよりも、他のレッスンと並行して発音を矯正したいという方にオススメです。

ポイント2 聞こえたままに発音する

ひとつひとつの単語がきれいに発音できても、会話は単語ごとに区切らず続けて話します。英語では「リンキング」という、単語と単語の間の音がつながって発音が変わって聞こえるルールがあります。単語ひとつひとつを読もうとすると、分かりづらい英会語になってしまいます。単語の発音を理解したうえで、聞こえた音で発音するほうが、滑らかな会話になります。音の違い、出し方を身につければ、自分の英語が相手に伝わりやすくなり、相手の言っていることが分かるようになってきます。発音をマスターできたら、聞き取る力も身につけましょう。

ポイント3 教材の復習や書籍での学習も取り入れる

受けたレッスンの教材や、書籍での学習も取り入れることで、レッスンの効果がより定着するようになります。レッスン教材は、実際に講師に習ったことを復習できますが、本屋などで売っている発音教材などの書籍は、ある程度発音を理解していないと、一人での学習が難しいと言えます。発音のCDや、DVDが付いていたりしますが、音だけではなく、口の開き方、舌の動かし方、舌の位置が分かり易く説明されている教材を見つけることが大事です。書籍での説明で疑問になった点を、レッスンの時に講師に聞くのも良いでしょう。自分が苦手な発音の仕方がより理解できます。オンライン英会話を活用して、ネイティブ並みの発音を手に入れましょう!