ビジネス英語は意外にカンタン?オンライン英会話ですばやく身につけよう

コラム

ビジネス英語は意外にカンタン?オンライン英会話ですばやく身につけよう

仕事でビジネス英語が必要に…。でも、ムズカシイのでは?

ビジネス英語と聞くと、とても難しいイメージがありますが、実は日常英語のほうが格段に難しいと言われています。それは、日常英語は「会話すべて」が対象と捉えられるためです。ではビジネス英語は、決まった文だけ覚えれば良いのでしょうか。専門用語が必要になったり、電話やメールでの対応、ミーティングや取引先との交渉などで、間違った表現をしてしまわないように、ビジネスでの失敗をしないために、覚えることがたくさんあるのでは?と、難しく考えてしまいそうです。ビジネスに必要な敬語はあるのでしょうか。そんなビジネス英語の特徴を詳しく見ていきましょう。

ビジネス英語に必要な単語は限定的

ビジネスで求められる単語は、個別のシーンや分野で、ある程度決まっています。専門知識が必要とされますが、自分が働く分野の中でと考えれば、覚えなければならない単語数は限られてくるので、単語の習得は難しくないです。ですが、それだけではビジネスに通じる会話はできません。中学生で習った単語の知識は必要とされます。どんな単語が必要とする分野なのか、必要とする単語から身につけていけば良いでしょう。日本でよく耳にする聞きなれたカタカナ英語は、実際に使われる英単語とは意味が異なるケースが多いので、きちんと区別しておくことも大事です。

電話やメールなどで使う英語も定型が多い

定型さえ知っておけば、電話やメールもそれほど難しくありません。電話対応は咄嗟に会話が出てくるか、緊張してしまいますが、「こちらは○社でございます」「少々お待ちいただけますか」などよく使われる会話文など、必要な英文は決まっていますので、難しいものではありません。最低限の受け答えは、マナーとして覚えておいたほうが良いでしょう。メールは瞬時な会話はありませんが、日本で使う冒頭の「○様」は、英文の場合、男性、女性、既婚、未婚で表現が違いますので、注意すべき点です。何度かレッスンを受けているうちに、慣れていくでしょう。

「どう話すか」よりも「何を話すか」

ビジネスでは、英語がきれいに話せることよりも、目の前の問題をいかに解決するかに重きがおかれます。ミスや失敗を恐れず、とにかく積極的に発言をしていくことが、ビジネス英語をマスターするコツです。英語には日本語のような敬語はないと思われがちですが、相手に敬意を持った丁寧な言い方も存在します。ビジネスでは、何を話すかが先決ですが、取引相手や目上の人に対する敬語も覚えておくと良いでしょう。ちょっとした世間話を「スモールトーク」と言い、ビジネスミーティングや交渉を行う場面でも、いきなり本題に入らず世間話から入ることが多いので、慣れておくのも大事です。