驚き!子どもの頃から英会話を身につけさせる、驚きの英才教育事情

コラム

驚き!子どもの頃から英会話を身につけさせる、驚きの英才教育事情

有名人も自分の子どもに英語の英才教育をしている!?

英語を子供の時から身につけさせたい親は年々増えています。芸能人でも自身の子供をインターナショナルスクールに入学させたり、留学させたりしている人が少なくありません。有名人の子供である故、一般の学校では生活しづらいという現実がありますが、自身が留学経験者、仕事で英語が必要になった等、親の経験による動機が多いようです。「可能性を無限大に秘めている子供には、英語を話せることは必要だ」という思いは一般人も芸能人も同じです。どのような環境で英語を学ぶかは、親が子供の視点にたってよりよい環境を選ぶ必要があります。

英語を身につけさせるなら?10歳になる前に英語に触れさせておくことがおすすめ

子供の時から英語を勉強すべき、という説は、賛否両論ありますが、やはりできるだけ早い時期からさせるべきだという声が多いです。子供の耳の黄金期といわれるのが0歳から3歳で、この時期に聞いた音は一生ものになる、このころに聞く事ができた音が発音できる音になるといわれています。子供の発音学習は9歳までという説もあり、その時期までにできるだけネイティブの音に接していれば日本語ではわかりにくい発音の区別(LとRが有名です)ができるようになります。また、成長につれて英語は「学習」になり英語を楽しめなくなるようです。以上の理由から、10歳になる前に子供を英語に触れさせるべきなのです。

子どもの英語学習を継続させるには?

英語を継続して勉強するには、年齢に関係なく「動機や目標があること」や「楽しむこと」が大切です。特に子供が一つの物事を継続して取り組むには「楽しい」と思う事が重要です。子供が楽しいと思う事は遊ぶことではないでしょうか。英語を「勉強」と思わず「遊び」と思えば、長く続けることが可能です。子供が遊びと同じ感覚で英語に触れるようになるために重要なのが、親の情報収集と子供の性格を的確に把握した上で、英語学習の環境を作ることです。場合によっては、親はよいと思った環境でも子供にとっては楽しくない内容だった場合は、タイミングを見計らって環境を変えるのも親の役目です。

子ども向け教材があって、自宅でお手軽!オンライン英会話がおすすめ

子供にとって一番安心できる場所は自宅で、一番の協力者は親です。この環境を維持しながら英会話の勉強ができるのはオンライン英会話です。レアジョブ、DMM,ぐんぐん英会話の大手3社は子供向けのレッスンを行っています。子供向けの教材を準備し、子供英会話指導の経験講師が在籍しており、大人の英会話から得た英語習得のノウハウを子供の指導に生かすことができる、そして、レッスン料が安価であるため、子供が英語に触れる機会を増やすことが可能であることが強みです。親は子供が学習している様子を間近で見ることができるため、子供にあった講師を選んだり教材を見直したりして、子供の英語を学ぶ環境作りに取り組むことができます。