英会話に必要な英語の習慣化。鍵は「レアジョブ」にあり!

コラム

英会話に必要な英語の習慣化。鍵は「レアジョブ」にあり!

英会話ができるようになるために必要なこと

英会話が上達する鍵は、いかに英語を話そうとするかにかかっています。次の3つを実践してみて下さい。言い回しや単語の使い方など、間違えを恐れずに、とにかく話してみます。間違いがあれば、その場その場で直せばいいのです。話したいことの内容を日本語で考えてから英語にするという会話ではなく、センテンスのレベルを下げてもよいくらいの気持ちで話してみましょう。最後に、会話中は英語を日本語に訳して理解するのではなく、英語のまま吸収することで英語を理解するように心がけます。そして、日常で自分の周りの言葉を英語で何と言うのだろうかと意識して、わからないものをそのままにせず書きとめる習慣をつけることが重要です。

英語レッスンを続けられない理由

英語レッスンを継続できないという人が理由の第一番に挙げるのは、時間がないということです。実際、社会人で英語学習を継続できないという人たちへの調査結果でも第一位は時間がないという回答でした。通学制の英会話スクールでは、自分に適したレベルと時間帯両方を加味したグループレッスンを受講しようとすると、限られた時間帯になってしまいます。それならば、プレイベートレッスンを考えますが、月謝も高くなり、プライベートの枠も限りがありますので、希望とマッチするのはなかなか難しいものです。レッスンを休めば、振替を取ることになり、忙しい人がその時間の都合をつけるのは大変で、そのような結果、継続する気力が失われてきます。

英語学習は継続が大事

英語学習において何よりも大切なのは継続することです。それは短期間では、習得効果がすぐには見えてこないからです。英語が周りに溢れているような生活を送っていない人たちは、敢えて自分から毎日英語に触れなければ、習得はおろか、上達も見込めないのが現実です。まずは前日に学んだことを復習し、そこにプラスアルファすることで、自分の中の英語の層が積み重なっていきます。その結果、英語学習もスムーズになり、身につくという循環ができて、もっと勉強したいという向上心へと繋がっていくものです。ですから、そこに至るために、英語学習の継続が必要になります。

英語スクールのデメリットを補うオンライン英会話スクール「レアジョブ」

通学制英会話スクールでは、時間に制約があったり、価格面で気軽に始めることができないなどのデメリットがあります。しかし、オンライン英会話スクールならば、その悩みを解決して、すぐにでもレッスンを始められると思います。その中でもレアジョブがお勧めです。レアジョブの講師陣は英語を第二言語として学んでいるフィリピン人です。私たち日本人と同様に第二言語として学んでいるため、壁にぶつかった際にも、私たちの気持ちを理解してくれた上でアドバイスをもらえるところが魅力の一つだと思います。アジアの英語人口は増え続けている中、アジア圏の英語に触れておくことは今後のコミュニケーションを考える上でとても役に立ちます。