今やTOEICは古い?IELTSって何?

コラム

今やTOEICは古い?IELTSって何?

IELTSとTOEICはそもそも目的が違う

日本において、外資系企業や大手企業内の海外事業部が英語力の基準とするのがTOEICのスコアであるのは有名な話ですが、IELTSのスコアについてはあまり知られていません。TOEICは前述の通り企業が求める英語力を測るテストですが、IELTSは海外の学校に進学する時にスコアを要求されるテストです。スコアが求められる相手が大きく異なる為、テストの内容も異なります。TOEICはビジネス英語、丁寧語表現、生活に密着した内容が多いのに対して、IELTSは海外の学校の授業についていく力を見るアカデミックな内容になっています。

IELTSを受験している人

IELTSを受験するのは、海外の学校、主に大学や大学院への進学を希望する人です。イギリスへの留学にTOEFLのスコアが無効になった為、今後はIELTSを受験する人が増加すると考えられています。IELTSでは、海外の学校の授業についていくための英語力が求められる為、アカデミックな内容のテストである分、他のテストと異なる勉強方法であることに特徴があります。攻略法を理解した上でテストを受けたことによりIELTSの高スコアを獲得した人のほうが、実際海外の学校で授業が理解でき、成績が優良である傾向があるようです。

日本でIELTSをあまり聞かない理由って?

IELTSはブリティッシュカウンシルが運営しているテストの為、イギリス圏への留学に採用されることが多いテストですが、何故日本では知名度が低いのでしょう。日本からはアメリカへの留学が多く、アメリカの学校はTOEFLスコアを重要視する傾向が強いことが大きな理由のひとつと考えられます。TOEFLのほうが歴史が古く、細かくスコアを出すためレベルを明確にすることが可能であり、過去の問題を使用することで敷居を低くした試験を用意している等、ビジネスとしても成功しうる形で運営されています。IELTSには、TOEFLを上回る利点がアピールできない限り、日本での普及は進まない可能性があります。

IELTSを受けて自分の英語力を確かめてみよう!

IELTSを受験しスコアを測ることは、留学先の可能性を広げるためには避けて通れないことです。自分のアカデミックな英語能力を試すために一度受験してみてはいかがでしょうか。リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの4つのテストを全て受験する必要があります。テストの合計所要時間は約2時間45分です。リーディングとライティングに関しては、留学を考える人のためのアカデミックモジュールと、学業以外の研修や英語圏への移住を考えている人向けのジェネラルトレーニングモジュールによって内容が異なります。申し込みは公益財団法人日本英語検定協会のウェブサイトからID登録をして申し込み事が可能です。