講師が教えてくれたオモシロ生徒さん!

コラム

講師が教えてくれたオモシロ生徒さん!

オンライン英会話の講師にもいろいろな講師がいるように、レッスンを受けている生徒にもいろいろな生徒がいるものです。そこで今日は、オンライン英会話の講師がこっそり教えてくれた、今までに出会ったオモシロ生徒さんについての話を紹介したいと思います!

聞こえているのに聞こえない?

とあるオンライン英会話講師、A先生の生徒さんは、スカイプの使用方法にあまり慣れておらず、授業の最初ではいつもスカイプが正しく接続され、音声が聞こえているか確認するそうです。そのとき、A先生は生徒さんに対して

  • Can you hear me?(私の声は聞こえていますか?)

と何度も繰り返し聞くのですが、その生徒さんからはいつも”No”、”No”と返事が帰ってきたそうです。

A先生からしてみれば、「”No”って返事ができるってことは聞こえてるじゃん!」と思わず突っ込みたくなったのですが、あまりに真剣に”No”を繰り返されるので、うまく突っ込むこともできずに困ってしまったと言っていました(笑)。

後からわかったことは、そもそもその生徒さんは”Can you hear me?”の意味が正確に分かっておらず、とりあえず”No”と答えていたそうです。

英会話初心者の方にとっては少し難しいかもしれませんが、少なくとも講師と会話する際に出てくる可能性が高い表現については事前に覚えておいたほうが、スムーズにレッスンを始めることができるかもしれませんね!

まさかの長時間レッスン?

とあるオンライン英会話講師のB先生は、ある日、自分の生徒さんから6時間ぶっ通しのレッスン予約が入ったそうです。その生徒さんはかなり高齢の方で、特定の目的があるというよりは語学学習自体を楽しむ目的でオンライン英会話をスタートした方とのことでした。

さすがに6時間連続ともなると、どんなに仲の良い人同士でも会話を続けるのは困難なものです。しかも、会話がオンラインともなればなおさらでしょう。

その日のレッスンはどんな感じだったのかを聞いてみたところ、やはり会話は6時間も持つわけがなく、途中からはスカイプのビデオはつけっぱなしになったまま、途中で生徒さんがトイレに行ったりご飯を食べ始めたりとかなり自由な状態になり、講師のB先生からすると、まるで生徒さんの日常生活をスカイプでウォッチしているかのような状況になってしまったとのこと(笑)。

もしかするとその生徒さんは誰か話し相手が欲しかっただけなのかもしれませんが、さすがにその日は講師のB先生も途中で授業を終えるわけにもいかず、困惑したと言っていました。

B先生からその話を聞いたときは「オンライン英会話にもいろいろな使い方をする人がいるんだな」と思わずうなってしまいましたが、少なくとも講師の方を困らせないようなレッスンの受け方をしたいものですね!

おすすめオンライン英会話

image

DMM英会話

1レッスン99円~という価格の安さと60ヶ国以上の多国籍講師が魅力のDMM英会話!

講師選び
★★★★☆
予約
★★★★☆
教材の質
★★★★☆
講師の質
★★★★☆
通信環境
★★★★☆
満足度
★★★★★

サービスの詳細を見る