子どもに英語を学ばせた方がいいたったひとつの理由

コラム

子どもに英語を学ばせた方がいいたったひとつの理由

子どもに英語を学ばせたいと考える親は多い

ベネッセ教育開発センターが行なった、小学生の子供を持つ人を対象とした調査では、約70%の保護者が「海外旅行で困らない程度」以上の英語力を子どもに期待していることがわかりました。また、大都市では約13%の人が「英語で仕事ができるくらい」の高い英語力を求めており、全体では9.5%であったのに比べて高い割合を示しました。つまり、都市部に近い土地では、英語の必用性がより高いと感じられているのです。そして、この調査結果のように、子供が小さいうちから英語を学ばせたいと考える親は、近年とても多くなってきています。

英語を学ぶ子どもはどう考えてるか。考えたことありますか?

子供に英語を習得してもらいたい親が多い一方で、子どもはどう考えているのでしょうか。平成16年に文部科学省が公表した「小学校の英語教育に関する意識調査」によると、70%以上の小学生が英語が使えるようになりたいと思っているそうです。しかし、英語習得の目的については、会話では50%、読書や映画・テレビ鑑賞では30%台、メールでは約20%、そしてビジネスでは15%と落ち込んでいきます。将来のコミュニケーションツールとして英語力を身につけるより、現実的に受験で点数が取れる英語を教わりたいと49%以上が思っていることがわかったのです。

受験のためだけじゃもったいない英語学習の目的

英語の習得には、地道な学習が欠かせません。学生の間に時間をかけて勉強するのであれば、受験で良い点を取ることだけが目的なのはもったいないことです。最近、世界で活躍する日本人がニュースになります。特に、スポーツの世界では、インタビューに英語で答える選手を見かけることが増えています。一流のスポーツチームには、世界各国から選手が集まっているので、現地の公用語の次に、英語でのコミュニケーションが必要になります。ゴルフやテニスでのトーナメント参加、サッカーで有名クラブ所属や野球のメジャーリーグを目指すなど大きな夢のために英語を学んで欲しいものです。

子どもの夢の後押しにもなる英語学習

子供の夢を後押しするために、親がしてあげられることは、子供の未来像に合った英語を学習する機会を与えることです。その点でオンライン英会話はおすすめのツールです。なぜなら、マンツーマンレッスンではカスタムメイドが可能で、子供が必要とする分野の英語学習ができるからです。例えば、サッカー選手を目指す子は、試合中に必要になるフレーズを重点的に教わることだってできます。さらに、自宅で好きな時間にレッスンが受けられることも大きなメリットの1つです。子供はスクールに通う移動時間を、親の方は送り迎えの時間を有効に使えるのです。