日本語ができる英会話講師からレッスンを受けてはいけない3つの理由

コラム

日本語ができる英会話講師からレッスンを受けてはいけない3つの理由

英語の習得を妨げる日本語

初心者であると、日本語サポートがあると安心と思うのは普通の考えだと思います。実は、そのサポートが英語の習得の妨げとなっていることがあるので、初心者の方は気をつけなければいけない点です。便利なサポートがなぜ妨げになるのか。レッスンを始めた頃は、必要かもしれませんが、徐々に英語が上達しているにもかかわらず、そのサポートに頼れることで、せっかく習得しつつある英語が活かされなくなっているのです。ある程度レッスンを重ねたら、サポートに頼ることなく、わからないことを英語で先生に聞いて解決できるように努力をしてください。壁をいくつも乗り越えて、英語に慣れていくことが、英語習得への近道となるのです。

理由1:英語でなんとか表現しようと努力をしなくなる

日本語のサポートがあると、今知っている英語を駆使してなんとか伝えようという意欲が薄れてきます。人間は、頼るものがある環境では、最大限の努力をしなくなり、せっかくの力を発揮できません。そして、わからないことがあっても日本語サポートがあるから、すぐに日本語で先生に聞けばいいという発想に繋がります。英語で表現しないのは、なんとももったいないことです。確かに日本語で聞いて、日本語で解説してもらった方が理解も早く、わかりやすいかもしれません。しかし、懸命に考えて英語で質問し、先生の回答を理解しようとすることで、しっかり身につくのです。

理由2:レッスン時間中に英語を話す時間が短くなってもったいない

レッスン時間中に、英語ではうまく表現できないからと、それを講師と日本語で会話してしまえば楽ですし、何よりも苦労しません。でも当然のことですが、英語を使う時間が減ります。何のために、英語を勉強しているのでしょうか。せっかく、お金と時間を費やして、英語を話す機会を作っているのに、それでは、英語で話す時間が短くなり、とてももったいないです。自分で自分のチャンスを減らすことになります。毎レッスン毎レッスン、日本語のできる講師のレッスンを受講することで、英語で話す努力をしなくなるでしょう。本来の目的を忘れ、楽な方へと流れていきます。

理由3:レッスン外で勉強しなくなる

サポートに頼らず、頑張って、理解しようとしているうちは、そのために勉強もすることでしょう。しかし、レッスンの度に、日本語サポートに頼っていると、レッスン中にわからないことを、日本語で聞けばいいのだからと、自分で理解しようとする努力をしなくなります。努力をしないということは、つまりレッスン以外で、英語を勉強しなくなるということです。レッスン以外での勉強をしなくなれば、レッスンで習得してきたことすら、維持できなくなるかもしれませんし、当然、レベルアップも望めなくなります。日本語サポートが逆に英語を勉強しようとする向上心を妨げることになります。