これなら続く!子供向けオンライン英会話サービスの比較

コラム

これなら続く!子供向けオンライン英会話サービスの比較

子ども向け英語の一番の大敵は「続かないこと」!

将来のグローバル社会で活躍できる人間になってほしい。現代の親がわが子にそう望むことは珍しくありません。そのため子供に英会話を習わせる親は多いのですが、なかなか続かないケースも多いようです。何故でしょうか?発想を転換すると、子供はどうすると一つの事を長く続けるのでしょうか?子供は好きな遊びをしている時はずっと遊んでいます。理由は「楽しい」からです。楽しいと感じたら自ら進んで取り組むのが子供です。英会話の勉強も、子供が「楽しい」と思い自分から取り組みたくなる環境を作ることが大切です。その環境を作ることができる英会話の形態を選ぶのが親の役目です。

子どもの英語失敗体験談は「楽しめなかった」という声が多い

英語学習が長続きしなかった女の子の例を紹介します。彼女の親は「将来の国際社会に向けて英語は必要だ」と思い、ある日彼女を英会話学校に連れていきました。知らない人たちが知らない言葉で盛り上げようとしているけど、自分の置かれている状況が全くわからずにレッスンは終了しました。しばらく毎週英会話学校に連れていかれ、なんとなく英語の単語は覚えたけど、ボーっとしていて授業は進むし、覚えたことを誰とも共有できないから、覚える事が全く楽しくなかったそうです。英語を勉強するよりも友達と遊びたい、という思いが強くなる一方だったそうです。

子どもの英語学習を継続させる方法

「こども英会話ナビ」では子供が英語を学ぶ環境について学校、家庭、英会話教室についての記事を載せています。このサイトを見ると、英語を話す環境を出来る限り多く作ることが重要であることがわかります。現在は、英会話教室に通う事が英語の学びの場の主たるものになっていますが、週に1回や2回では英語を使用する機会が少ないため、自宅で時間の融通が利くオンライン英会話を高い頻度で利用することは、英語に親しむ時間を効率的に増やすことができます。時間に制約されることなく英会話を楽しむことができますので、これからの英会話学習の選択肢の一つとなるのではないでしょうか。

子どもでも続くキッズ向けカリキュラムのあるオンライン英会話スクール

オンライン英会話というと、忙しい大人の学びの場のイメージが強いですが、ここでは子供向けのオンライン英会話スクールの大手3社を紹介します。一つ目はレアジョブです。独自の教材とともに本人の希望があればその教材を利用する柔軟性があります。2つ目はDMM英会話です。導入時期のカリキュラムはウェブサイトに掲載されていますが、詳細は説明されていません。3つ目はぐんぐん英会話です。教材の種類の豊富さは子供のレベルに合わせるにはよいのですが、こどもオンライン英会話のメリットがわかりにくいです。どちらのウェブサイトからも親のサポートが必要であることがわかります。