インターネット英会話でフィリピン人講師が多い理由とは?

コラム

インターネット英会話でフィリピン人講師が多い理由とは?

インターネット英会話の講師はなぜフィリピン人が多い?

インターネット英会話のサービス紹介ページや講師検索画面で、フィリピン人が多い気がすると思われた方がいるのではないでしょうか。英会話と言えば、アメリカ人やイギリス人が真っ先に浮かんできますが、なぜ他の国ではなく、フィリピン人が多いのでしょう。フィリピン人講師の中には、フィリピンの東大と呼ばれるフィリピン大学の学生や卒業生が多く、優秀な人材が多いとされていますが、フィリピン人に英会話を教わっても大丈夫なのか、ちゃんとした英会話を学べるのか、などの疑問をお持ちの方のために、情報をまとめてみました。

フィリピンは物価や人件費が安い!

フィリピンは英語を話す国の中では人件費が安いのです。日本に比べ物価や人件費が1/5~1/10と非常に安いので、フィリピン人を講師とすることで様々な経費が抑えられ、ネイティブ並みの英会話を1レッスン数百円という格安で受けることが可能になるのです。人件費が安いからと言っても、厳しい審査や試験に合格した講師ばかりです。アメリカ英語に近いアクセントですが、ネイティブではなく教科書的な英語表現ですので、我々日本人にとっては、とっつき易いというメリットもあります。それに比べ、ネイティブ講師のレッスンは人件費が高いため、どうしても料金が高めになってしまうのです。

フィリピンって東南アジアの国でしょ?英会話ちゃんとできるの?

フィリピンでは、英語を公用語としているので東南アジアのなかでも随一の英語力を誇る国です。小学校から、国語・歴史以外の授業を英語で受けているため、英語を話せなかった子供たちも、英語でしか受け答えできない環境で鍛えられるので、実践的な英語スキルが身につくのです。看板や広告など、身近にあるものが英語で表記され、映画館で上映されるアメリカ映画は、字幕・吹き替えなしのものばかりですので、英語が分からないと娯楽も楽しめない環境なのです。東南アジアのなかで、ビジネス英会話は世界一のレベルですので、有名企業がフィリピンに進出したり、海外就労者が人口の10%を占めたりするなど、グローバル化が進んでいます。

笑顔で明るい国民性も、英会話指導にマッチ

「フィリピーノホスピタリティ」という言葉で表現されるフィリピンの国民性として、性格は明るく笑顔の人が多いと言われています。初めて会った人にも親切に接する人柄ですので、フィリピン人のフレンドリーで楽しく心のこもったレッスンスタイルが、オンラインマンツーマンレッスンに非常に適しています。失敗しても「No Problem!」と、笑顔で励ましてくれるでしょう。流暢に英語を話しますが、私たち日本人と同じ外国語として勉強をしてきていますので、英会話学習に理解があり、英語を学ぼうとする人の気持ちや弱点を分かってもらえるので、安心してネイティブ並みの英会話を教えてもらえるでしょう。