【ビジネスパーソン人気No.1サービスは?】オンライン英会話を徹底比較してみた

コラム

【ビジネスパーソン人気No.1サービスは?】オンライン英会話を徹底比較してみた

ビジネスコースのある英会話サービスで有名なのは?

ビジネスにおいて近年、英語を使う機会が増えています。海外企業の取引先とのやり取りは海外赴任のみならず、社内において英語を公用語とする会社まで出てきました。そんななか、英語の学習はビジネスパーソンにとっては、もはや死活問題ともいえます。ビジネスコースのあるオンライン英会話スクールは複数ありますが、特に有名なのは、DMM英会話、Bizmates、レアジョブではないでしょうか。いずれも、近年の急速なグローバル化に対応するべく、続けやすい低価格で、様々な内容のビジネス英語専門のコースや専門教材を扱っています。

それぞれの特徴を比較してみると・・・

それぞれの特徴を比較してみましょう。DMM英会話は、料金の安さ、ネイティブ講師の多さ(60カ国3000人)が特徴です。Bizmatesについては、ビジネス経験者の講師が在籍していることが魅力であり、英語面接対策、プレゼンテーション予行練習などのプログラムも準備されています。レアジョブについては、オンライン英会話スクールの最大手でビジネスコースを設立したということで、信頼のおけるスクールといえます。また、講師の質の高さをウリにもしています。こういった特徴を踏まえ、自分に合ったところを見つけてください。

ビジネス英語を学ぶにあたって必要なこと

ビジネス英語を学ぶにあたって必要なことは何でしょうか。ビジネス英語では、日常英語と違い、専門用語が多く出てきます。それには専門的な単語のみならず、その業界独特の文法や言い回しといったことも含まれます。また、より相手に不快を与えないような丁寧な表現も必要となってくるでしょう。そう言う意味では、ビジネス英語は、日常英語における基本的な単語力や文法の知識を前提として、さらに上級レベルの単語や文法を使う必要があるといえます。そのため、ビジネス英語を身につけるには、体系的に英語を学ぶことがおすすめとなります。

ビジネス英語を体系的に学ぶなら

ビジネス英語を体系的に学ぶなら、Bizmatesがおすすめです。Bizmatesでは、ビジネス経験豊富な講師陣を取り揃えており、実際のビジネス経験をもとにしたリアルなビジネス英語を学ぶことができるのが大きな特徴です。また、英会話の初心者が効果的にビジネス英語を学ぶためのプログラムが用意されていることも心強いのではないでしょうか。そして、Bizmatesでは、単にビジネス英会話を学ぶだけではありません。ビジネスをする上で信頼関係を築くために必要なコミュニケーションを身につけるプログラムも用意しているのです。