英語の発音矯正をしたいなら、スキマ時間にネイティブと会話できるオンライン英会話がおすすめ

コラム

英語の発音矯正をしたいなら、スキマ時間にネイティブと会話できるオンライン英会話がおすすめ

発音がしっかりしてないと意味が伝わらない時がある

会話で大切とされる意思伝達とコミュニケーションにおいて、発音が重要なポイントとなります。英語には日本語にない発音が多いため、学習の過程で発音に苦しむ人も少なくありませんが、どれだけ多くの単語を知っていても、うまく発音ができなければ相手とコミュニケーションがとれないどころか、間違った意味に受け取られ相手に誤解を与えてしまう事にもなりかねません。例えば、「Take a seat」は席に座って下さい、「Take a sheet」は紙をとって下さい。このようにほんのわずかな発音の違いで、全く意味の異なる文章になってしまうことがあるのです。

日本人の鬼門!”R”と”L”

多くの日本人が苦手とするRとL、実はこのRとLの違いによる紛らわしい単語が数多く存在するため、この二つを使いこなせるようになるとぐっとネイティブに近づくことができます。例えば、「light」は、日本語のラ行の発音を、舌をより強く前歯の後ろあたりにくっつけて発音します。一方、「right」はラ行とは全く別物で、舌をどこにもくっつけない状態でラと同じ音を出します。そうすると、ライトではなく、ルアイトに近い音になります。Rは使われる位置(文頭や文末)や前後の音で舌の動きや口のあき方が変わってくるため、日本語のラ行に近い音で発すると、全く別のもしくは存在しない言葉になりかねません。

英語圏の子どもはどうやって英語を覚えるのか

昨今、日本では英語教育の低年齢化がすすみ、特に英語は早期教育であればあるほど良いという風潮が見られるため、英語圏の子ども達は何もしないでも英語が自然と身につくと思っている方も多いかもしれません。しかし、それは間違いで、彼らは発音やスペルを間違えながら一つずつ学習して身につけるそうです。日本人にとって難しい漢字があるのと同様、ネイティブにも間違えやすいスペリングがあったり、発音とつづりの関係、可算名詞、不可算名詞の違いなど、子どもたちは学校できちんと学習したことを、間違いを繰り返しながらも日常生活で使う事によって習得していくのです。

オンライン英会話で実践する

英会話の学習方法は実に多種多様で、個々の生活形態や目標などに合った選択をすることが大事ですが、その一つであるオンライン英会話とはどのような特徴、メリットがあるでしょうか。まず、PCとネット環境があれば始められる手軽さと、受講時間帯が幅広いことから、忙しいビジネスマンでも場所を選ばず気軽に取り組むことができます。また、通学タイプに比べ比較的価格がリーズナブルな上、マンツーマンレッスンというのも大きな魅力と言えるでしょう。さらに、数多い講師の中から自分に合った講師を選べる点もオンライン英会話のメリットです。