TOEIC?TOEFL?履歴書に書ける有名テストの内容とは?

コラム

TOEIC?TOEFL?履歴書に書ける有名テストの内容とは?

TOEICとTOEFL。試験の中身の違い

日本では英語力の基準として有名なものにTOEICとTOEFLがあります。しかし、それらの違いは意外と知られていません。TOEICとTOEFLではそれぞれで獲得したスコアが生かされる分野が異なるのです。TOEICは日常会話もしくはビジネス上必要な英語力を試す試験であるのに対して、TOEFLは海外特にアメリカで学校に通うための一般教養レベルの英語力を試すものになっています。試験の形式を比較しても、TOEICは一般に必要な英語力を試す内容ですが、TOEFLは大学の講義やディスカッションを題材とした問題が中心です。以上2つの試験では、試験の目的や求められる能力が異なるのです。

企業の面接で評価されるTOEIC、TOEFL

日本の企業でスコアが評価されるのはTOEICです。新入社員に対してTOEICのスコアを要求する企業があり、600点前後が求められているようです。外資系企業や大手企業の海外事業部では730点前後を求めるようですが、実際に海外で仕事をするには800点は必要と言われています。一方で、TOEFLのスコアは日本の企業では求められることは少ないですが、TOEFLの勉強を通して、就職活動の時のアピールができますTOEFLの勉強をしていると論理的に考える能力が身につくので面接のとき自己PRを面接官に対して論理的に展開できる可能性がありますし、なにより英語を通して仕事をしたいことをアピールすることができます。

TOEICやTOEFLを履歴書に書いていい点数は何点?

就職、転職の時、提出する履歴書に書いて有効なスコアとはどれぐらいでしょう?TOEICの場合、600点が基準ラインだといわれています。600点以上あると、基本的な英語ができるレベルとみなされ、社内での英語関連の仕事が可能、700点を超えるとさらに英語の読解、翻訳、電話対応など仕事の幅が広がり、800点を超えると高度なレベルで英語が使用できるとみなされ、年収がアップするようです。では、就職の時、留学する基準とされるTOEFLのスコアはどのように評価されるのでしょう?TOEFLは留学のために必要な英語力をスコアで判断されるものの為、履歴書に記載することで就職に有利になるとは限らないようです。

受験の前に。まずは自分の英語力を試してみましょう

TOEIC,TOEFLのどちらを受験するにも、まずは自分の英語力を把握する必要があります。リスニング、リーディングどちらを伸ばすにも、会話する力が重要です。しかし、英会話スクールに行くには時間の余裕や自信が無い、という人はオンライン英会話の無料体験レッスンを受講してみてはいかがでしょうか?DMM英会話、レアジョブ、Bizmates等大手オンライン英会話のサイトでは無料でお試しのレッスンが受講できます。まずは、自分の英会話力を把握し、必要あればオンライン英会話を受講することで、目的に応じた英語力をつけてから受験すると、高スコアへの近道です。

1 image

DMM英会話

1レッスン99円~という価格の安さと60ヶ国以上の多国籍講師が魅力のDMM英会話!

講師選び
★★★★☆
予約
★★★★☆
教材の質
★★★★☆
講師の質
★★★★☆
通信環境
★★★★☆
満足度
★★★★★

サービスの詳細を見る

2 image

レアジョブ

顧客満足度92%!会員数20万人・累計レッスン数10万以上を誇る業界シェアNo.1のレアジョブ!

講師選び
★★★★☆
予約
★★★★☆
教材の質
★★★★☆
講師の質
★★★★☆
通信環境
★★★★☆
満足度
★★★★☆

サービスの詳細を見る

3 image

Bizmates(ビズメイツ)

ブランド信頼度No.1。無料体験受講者の50%以上が入会するビジネス英語の決定版プログラム、ビズメイツ。

講師選び
★★★★☆
予約
★★★★☆
教材の質
★★★★★
講師の質
★★★★★
通信環境
★★★★★
満足度
★★★★☆

サービスの詳細を見る