社内昇進・年収アップに英語が必要な方向けオンライン英会話比較ランキング

目的から探す

社内昇進・年収アップに英語が必要な方向けオンライン英会話比較ランキング

社内昇進・年収アップのための英語の特徴

社内昇進で英語力が求められる企業の多くは、すでにグローバル展開をしている企業や海外と取引をすることが多い商社などです。また、年収アップにつながるのは、これから海外展開を強化していこうと考えている国内企業やすでに多くの利益が出ている外資系の日本支社などです。

社内昇進に当たっては、多くの場合でTOEICの点数が判断材料として用いられ、マネージャー昇進の目安は800点前後となっています。TOEICTテストは、ヒアリングとリーディングで構成されているので、スピーキングはできなくても点数を取ることは可能です。

一方、英会話スキルで年収アップを目指す方にとって、国内企業であればTOEIC点数だけの判断も多いですが、外資系だとスピーキング能力も試験されます。面接時に、英語だけで質疑応答が実施されることがありますので、TOEIC点数だけでなく、英語運用能力もしっかりと鍛えておきたいところです。

なお、ビジネス英会話では、一般英会話に比べて使う単語やフレーズがかなり限定されていますので、メール、電話、ドキュメントなどでよく出てくる単語を一通り頭に入れてしまえば、かなりの部分が理解できます。

ビジネス英会話の学習方法

  • TOEIC対策で、まずはリスニングを鍛える
  • 実務でも必要な場合はビジネス頻出単語を学習
  • 学習した内容をオンライン英会話でアウトプット
  • 具体的なビジネスシーンをロールプレイ
  • TOEIC点数は800点以上を目標に

TOIEC対策で、まずはリスニングを鍛える

社内昇進のために英語を学習したい方は、まずリスニング力を鍛えることが重要です。そのためには、単語の暗記と発音を学習することが効果的です。

実務でも必要な場合はビジネス頻出単語を学習

また、昇進要件をクリアするだけでなく、実用レベルでビジネス英会話を習得したいという方は、予算(=account)、議題(=agenda)、部署 (=department)などのようなビジネスで一般的に使われる単語や、業界内でよく使われる専門的な単語の二分野を中心に学習していくと良いでしょう。

学習した内容をオンライン英会話でアウトプット

さらに、ある程度の単語とフレーズを覚えたら、オンライン英会話のレッスンを活用して、スピーキングやライティングを鍛えていくと学習効果が高まります。TOEICテストで使うのは、リスニングとリーディングだけですが、スピーキング・ライティングを行いアウトプットをすることで、学習内容の定着率をより高めることができます。

具体的なビジネスシーンをロールプレイ

英語スキルを身につけて年収アップを目指している方は、面接の場や会議、プレゼンテーション、電話、メールなどのやり取りで英語が必要となることがあります。オンライン英会話のレッスンを活用する場合は、具体的なビジネスシチュエーションを設定して、実際のビジネスシーンをロールプレイすると効果的です。

TOEIC点数は800点以上を目標に

TOEIC点数の目安として、たとえば国内メーカーでは、TOIEC点数550点から600点を昇進・昇格の要件にしていますが、商社などでは入社3年以内に730点、海外勤務は800点など厳しい条件を課している企業や業種もあります。外資では、入社時点で860点以上を条件としているところも少なくありませんので、年収アップを目指している方は800点以上を目標にしたいところです。

オンライン英会話サービスの中には、TOEIC対策に対応をした教材を用意しているところもありますので、うまく活用をしましょう。

オンライン英会話サービスの選び方

昇進や年収アップを目指してオンライン英会話を利用する際は、下記のことを意識してサービスを選ぶとよいでしょう。

  • TOEIC対策のプログラムや教材があるか(昇進向け)
  • ビジネスシーンを想定した教材が用意されているか(年収アップ向け)
  • 登録している講師にビジネス経験があるか(年収アップ向け)
  • 予約がしやすいか(共通)

TOEIC対策のプログラムや教材があるか

社内の昇進要件として求められるのは、ほとんどがTOEIC点数です。時間があまりないという方は、TOEIC対策が充実したオンライン英会話サービスを選んで利用してみてください。

ただ、昇進要件にTOEIC点数を課している会社の多くは、業務上で英語を使う必要が高い会社ですので、先々のことを考えればTOEIC対策だけでなくビジネス英語の習得まで学習範囲を広げておくほうがよいでしょう。

ビジネスシーンを想定した教材が用意されているか

昇進後の業務や年収アップを見据えた場合、実際のビジネスシーンで英語を運用できる必要があります。オンライン英会話の中にも教材面でビジネスに強いというところがありますので、会議、面談、電話、営業など具体的なビジネスシーンを想定した教材があるサービスを選びましょう。

登録している講師にビジネス経験があるか

実践的なビジネス英会話を身につけたいと思ったら、教材の充実度と同じくらいビジネス経験のある方に教えてもらえるかという点も大切です。実際にビジネス経験のある方は、現場の活きた英語を知っていますので、教材に記載されている以上の内容を学ぶことができます。

オンライン英会話サービスの中には、ビジネス経験が豊富な講師を抱えているサービスやビジネス英会話を教えてくれる講師を検索できるサービスもありますので、サービスごとの特徴をよく比較検討をしたうえで選ぶと良いでしょう。

予約がしやすいか

平日の日中だとレッスンの時間が取りづらいという方は、帰宅後にレッスンを取ることができるかどうかを確認しておきましょう。サービスの営業時間や予約システムの確認をすることが大切です。

ビジネス英会話におすすめのオンライン英会話サービス

1 image

DMM英会話

1レッスン99円~という価格の安さと60ヶ国以上の多国籍講師が魅力のDMM英会話!

講師選び
★★★★☆
予約
★★★★☆
教材の質
★★★★☆
講師の質
★★★★☆
通信環境
★★★★☆
満足度
★★★★★

サービスの詳細を見る

2 image

産経オンライン英会話

産経グループが運営!教材・サービスの充実度で選ぶなら産経オンライン英会話

講師選び
★★★★☆
予約
★★★★☆
教材の質
★★★★★
講師の質
★★★★☆
通信環境
★★★★☆
満足度
★★★★★

サービスの詳細を見る

3 image

Bizmates(ビズメイツ)

ブランド信頼度No.1。無料体験受講者の50%以上が入会するビジネス英語の決定版プログラム、ビズメイツ。

講師選び
★★★★☆
予約
★★★★☆
教材の質
★★★★★
講師の質
★★★★★
通信環境
★★★★★
満足度
★★★★☆

サービスの詳細を見る