転職時の英会話学習におすすめのオンライン英会話ランキング比較

学習者から探す

転職時の英会話学習におすすめのオンライン英会話ランキング比較

転職で求められる英会話のレベル

転職時に求められる英語のレベルは会社によって異なります。ここでは、3つのレベルに分けてそれぞれ説明をします。

  • TOEICスコア800点以上
  • 文書に書いてある英語が理解できる
  • 同僚やクライアントと英語でコミュニケーションが取れる

TOEICスコア800以上

転職活動の際に、履歴書に書いて評価される水準はTOEICスコア800以上です。足切りとしてTOEICスコアを使っている外資系企業だけでなく、メーカや商社をはじめとした国内大手企業においても、昇格条件にTOEIC700点から800点以上などが課されており、英語力の判断材料としてTOEICスコアが用いられることは多くなってきています。

文書に書いてある英語が理解できる

国内の社内英語化実施の企業や日本人比率の多い外資系企業では、業務内で高度な英語力が必要とされないケースも多く、社内に出回る文書やメールを理解できればOKというところも少なくありません。

こういった企業では、転職者に高い英語運用能力を求めてはいませんので、英語学習はリーディングを中心とした学習で十分でしょう。

同僚やクライアントと英語でコミュニケーションが取れる

多くのグローバル企業や外資系企業では、業務で英語を使うことが求められます。そのような企業では、応募条件にTOEICスコア800以上などと設定したうえで、面接の場でも英語運用能力を確かめるため、英語だけで質疑応答がなされることがあります。

志望動機や希望職務など定型的なやり取りだけでなく、時事的な質問やケースと呼ばれる類推などを求められることもありますので、十分な準備が必要です。

転職者のためのビジネス英会話の学習方法

転職者の方の英会話学習には、大きく分けて次の2つの目的があります。

  • TOEICスコアを800点まで向上させる
  • ビジネスの場で使える実践的な英会話を身につける

TOEICスコアを800点まで向上させる

TOEICは大きく分けてリスニングとリーディングの2パートに分かれています。リーディングパートについては、単語やフレーズを覚えた上で過去問などを解いて読解力を高めていけば、独学でもある程度の点は獲得することができます。

しかし、リスニングについては過去問だけで耳を慣らそうとするよりも、実際にネイティブと会話をしながら学ぶほうが効率的です。単語やフレーズ暗記、文法学習で覚えたことをスピーキング実際に使ってみることで、記憶の定着率は上がりますし、単語・フレーズ・文法といった基礎力が上がればリスニングがより聴き取りやすくなるという相乗効果が期待できます。

また、ネイティブの発音を聞いて真似るシャドーイングという練習法や、同じことを表現を変えて伝えるパラフレージングなど、スピーキングを強化することで正しい発音やコミュニケーション力を鍛えることもできます。

なお、英会話スクールのマンツーマンレッスンは、1レッスンの料金が5000円から8000円と高額なため、月額数千円で利用できるオンライン英会話サービスがおすすめです。転職活動前後は、転職活動中の生活費・引越し費用・住民税や所得税の支払い、国民健康保険や国民年金の支払いなど何かとお金が入り用になりますので、割安なオンライン英会話を活用して英会話学習を賢く進めたいですね。

ビジネスの場で使える実践的な英会話を身につける

実務の現場で使えるビジネス英会話の学習を進めるにあたって、まずは業務で必要となる単語の暗記が必要です。予算(=account)、議題(=agenda)、部署 (=department)などのように、ビジネスで一般的に使われる単語や、商社(=a trading company)、輸入・輸出(=import/export)、為替相場(=a rate of exchange)など業界内でよく使われる単語の二分野を覚えていきましょう。

ある程度の単語とフレーズを覚えたら、リスニングとスピーキングを両方強化していくため、それをオンライン英会話のレッスンで使ってみると良いでしょう。また、面接や会議、プレゼンテーションなど実際のビジネスシーンを設定して、講師とロールプレイしてみるとより非常に効果的です。特に面接のロールプレイについては、レッスン後にフィードバックをもらって、本番の転職面接に活かしていくと良いでしょう。

オンライン英会話サービスの選び方

ビジネス英会話学習でオンライン英会話をご利用される際に、下記のことを意識してサービスを選ぶとよいでしょう。

  • TOEIC対策の教材やプログラムがあるか
  • ビジネスシーンを想定した教材が用意されているか
  • 登録している講師にビジネス経験があるか

TOEIC対策の教材やプログラムがあるか

まず、TOEIC対策でサービスを利用したいという方は、そのサービス内にTOIEC用の教材やプログラムが用意されているかをチェックしましょう。

自分の弱点が分かっている場合には、講師に事前に共有しておくことで弱点を克服するプログラムにカスタマイズしてもらうこともできます。TOEICスコアの目標と期限も高氏と共有し、進捗を確認し合いながら学習を進めていくと良いでしょう。

ビジネスシーンを想定した教材が用意されているか

TOEICだけでなく、実際にビジネスの場で英語を使うことが求められている方は、会議、面談、電話、営業など具体的なビジネスシーンを想定した教材があるかどうかをチェックしましょう。

また、体系的な教材による学習以外にも、休憩中の雑談や時事に関する意見交換(トピックディスカッション)、電話MTGやメールのやり取りと言ったことなど、事前に体験しておきたいシーンを講師に共有することで、より学習が深まるでしょう。

登録している講師にビジネス経験があるか

教材や学習方法も重要ですが、講師のビジネス経験の有無もチェックしておきたいポイントです。ビジネス経験のある講師に教わることで、現場の活きた英語を学べるだけでなく、社内の様子や振る舞いなどについてもアドバイスを受けることができるでしょう。

オンライン英会話サービスの中には、ビジネス経験が豊富な講師を抱えているサービスもありますので、サービスの特徴をよく比較検討をしたうえで選ぶと良いでしょう。

転職時におすすめのオンライン英会話サービス

1 image

DMM英会話

1レッスン99円~という価格の安さと60ヶ国以上の多国籍講師が魅力のDMM英会話!

講師選び
★★★★☆
予約
★★★★☆
教材の質
★★★★☆
講師の質
★★★★☆
通信環境
★★★★☆
満足度
★★★★★

サービスの詳細を見る

2 image

産経オンライン英会話

産経グループが運営!教材・サービスの充実度で選ぶなら産経オンライン英会話

講師選び
★★★★☆
予約
★★★★☆
教材の質
★★★★★
講師の質
★★★★☆
通信環境
★★★★☆
満足度
★★★★★

サービスの詳細を見る

3 image

Bizmates(ビズメイツ)

ブランド信頼度No.1。無料体験受講者の50%以上が入会するビジネス英語の決定版プログラム、ビズメイツ。

講師選び
★★★★☆
予約
★★★★☆
教材の質
★★★★★
講師の質
★★★★★
通信環境
★★★★★
満足度
★★★★☆

サービスの詳細を見る