オンライン英会話のランキング・口コミを比較するなら!

オンライン英会話とその他の比較

オンライン英会話と語学留学の比較

英会話の学習者の中には、結局のところ英語を話せるようになるためには「留学」しないとだめなのでは?と考えている方も多いのではないかと思います。たしかに、周りを見渡せば英語を話せる人のほとんどは帰国子女が留学経験者で、海外に一定期間滞在した経験が全くないにも関わらず英語を流暢に話せる人というのはめったに出会うことがありません。

そう考えると、英語の学習をする上で語学留学というのはとても魅力的な選択肢に思えます。最近では従来のようなアメリカ、イギリス、カナダなどへの留学のほかにもフィリピンなどに低価格で留学できるプランなども増えてきている上に、1週間~2週間などの短期留学スタイルも一般的になってきているので、語学留学に対するハードルは下がりつつあります。

しかし、語学留学をすれば一気に英語が話せるようになるというのは幻想で、実際には留学しても思うような効果を実感できなかった方や、理想とのギャップに苦しみ、途中で挫折して返ってきてしまう方も多いのが現状です。

そこでここでは、オンライン英会話と語学留学を比較しながら、双方のメリット、デメリットについてご紹介していきます。

語学留学と比較したオンライン英会話のメリット

語学留学と比較した際のオンライン英会話の代表的なメリットとしては、下記が挙げられます。

  • 価格が安い
  • 場所や時間に縛られない
  • スピーキング頻度が高い

価格が安い

語学留学の場合、国や期間によって金額は大きく異なりますが、例えば一番安いフィリピンに1週間の留学をするだけでも、航空券代なども考えればトータルで最低10万円程度は見込む必要があります。また、例えばアメリカに3ヶ月滞在して勉強しようと思えば、少なくとも80~100万円程度の出費は覚悟しなければなりません。

価格という観点で言えばオンライン英会話は語学留学よりも圧倒的にコストパフォーマンスが高い学習が実現できます。

場所や時間に縛られない

語学留学をする場合、当然ながら一時的に日本を離れる必要がありますので、学生であればまだしも、社会人になってからの語学留学は一気にハードルが上がります。また、大学院留学やMBA留学などとは異なり、語学留学の場合はそれ自体がキャリア上のプラス評価につながる可能性は低いため、語学留学のために会社を辞めるというのも大きなリスクとなりえます。

一方、オンライン英会話の場合は当然ながら仕事を辞める必要も休む必要もなく、現在の生活スタイルを維持しながら日々の暮らしの中に英語を取り入れていくことができるので、最もリスクが少ない英語学習方法の一つだと言えるでしょう。

スピーキング頻度が高い

語学学校の場合、ほとんどは10~15人程度が1クラスとなって英語を学ぶ形となります。そのため、実は語学学校の中で英語を話せる機会というのはそれほど多くないのです。先生が話している時間、他の生徒が話している時間、リーディングやリスニングの時間などを考えれば、純粋に学校の中でスピーキングを鍛えている時間というのはとても限られます。

むしろ、語学学校では授業の放課後や学生寮などで学校の友人と語らっている時間のほうが英語を話す機会は多いのです。しかしここでの問題は、語学学校の友人同士の会話の場合、当然ながらお互いに英会話力が低いため、実はあまり効率的なスピーキングの練習にはならないという点です。逆に、友人が頻繁に使用している間違った表現や不自然な表現、発音を覚えてしまうというリスクもあるくらいです。

そのため、スピーキングを純粋に鍛えるという観点では、実はオンライン英会話のほうが語学留学よりも効果的だと言えます。オンライン英会話の場合は基本的にマンツーマンレッスンですから、少なくともレッスン時間の半分程度はスピーキングの時間があり、間違いがあれば講師に指摘もしてもらえるので、着実にスピーキング力は向上していきます。

もし語学留学に行くとしても、フィリピン留学などで多いマンツーマン形式のレッスンを提供している学校を選ぶことをおすすめします。

語学留学と比較したオンライン英会話のデメリット

一方で、オンライン英会話にはオンライン英会話ならではのデメリットもあります。代表的なデメリットとしては、下記が挙げられます。

  • 短期集中で英語力を伸ばすことはできない
  • ネイティブの日常的な表現は身につかない
  • 海外の文化や雰囲気に触れることはできない

短期集中で英語力を伸ばすことはできない

短期集中で英語力を伸ばしたいという方は、オンライン英会話よりも語学留学のほうがおすすめです。前述のように、語学学校では実はスピーキングの機会は想像するほど多くはないのですが、それでも語学留学でしか得られないメリットは、ずばり日本語の環境から離れられる、という点です。

海外に留学すれば必然的に日本語を使う機会はなくなり、授業はもちろん友人との会話やショッピング、レストランへ行くときなども全て英語でコミュニケーションをする必要が出てきます。こうした英語漬けの環境に身を置くことで必然的に英語脳が作られ、短期間でも一定の英語力アップを望むことができます。しかし、そのためには留学先ではできる限り日本語を話さないよう、日本人の友人とは話さない、話すとしても英語で話す、など強い意思と努力が必要となります。

ネイティブの日常的な表現は身につかない

語学留学に行くと、レストランやショッピングモール、公園など様々なところで現地の人々の日常会話を耳にすることができます。実はこうした会話の中にネイティブならではの表現が溢れており、とても勉強になるのです。これもオンライン英会話だけでは決して味わえない、語学留学ならではの魅力だと言えます。

海外の文化や雰囲気に触れることはできない

さらに、英語力はもちろんですが、語学留学のメリットは現地の文化や雰囲気を堪能することができるという点です。これは直接的に英語力の向上につながるわけではありませんが、現地の文化を深く知ることは英語を学習する際の大きなモチベーションになりますし、何よりそうした生の体験が、外国人と会話する際の貴重なネタにもなります。さらに、例えばアメリカに行ってアメリカの雰囲気を味わえば、アメリカ人と話すときに相手の気持ちにより共感しやすくなるなど、英語を超えたコミュニケーションという部分で重要な意味を持ちます。そういう意味では、やはり費用や時間が許すのであればできる限り現地に行って現地の人々と交流する、というのが英語力を高める上で大事だと言えるでしょう。

オンライン英会話である程度鍛えてから留学、という手も

語学留学の場合、同じ期間で収穫できる価値は留学時点での語学力にもよる、というのが現実です。基本的には、全くの英語初心者よりも、ある程度英語を話せるほうがより多くの収穫を得ることができるはずです。

なぜなら、語学学校の場合は語学力でクラス分けされるのですが、一般的に語学力が低いクラスには日本人をはじめとするアジア人が集まり、語学力が高いクラスにはドイツ人やフランス人など、英語を母国語としないヨーロッパ人が集まる傾向が強いからです。

最初から語学力が高いクラスで勉強することができればヨーロッパ系の友人も作りやすいですし、より質の高い授業を受けることも可能です。ある程度会話がスムーズにできれば、英語を勉強するだけではなく英語を使って何かを勉強する、ということもできますし、授業以外の時間もとても充実させることができます。

そのため、語学留学は英語を上達させる魔法の杖のように思って過度に期待することなく、まずはオンライン英会話を通じて英会話の基礎力をつけ、少なくともオンライン英会話の講師とであればスムーズに会話できる程度のレベルになってから留学する、というのがよいでしょう。

また、例えばアメリカやイギリスなどに留学すれば、オンライン英会話である程度自信を付けた方でも改めてネイティブの発音やスピードに触れることで、自分の足りない部分や強化するべき部分が明確になるはずです。

語学留学をするにせよしないにせよ、オンライン英会話は費用をかけずに基礎力をつける上でとても効果的ですので、ぜひ有効活用することをおすすめします。

おすすめのサービス

1 image

DMM英会話

1レッスン99円~という価格の安さと60ヶ国以上の多国籍講師が魅力のDMM英会話!

講師選び
★★★★☆
予約
★★★★☆
教材の質
★★★★☆
講師の質
★★★★☆
通信環境
★★★★☆
満足度
★★★★★

サービスの詳細を見る

2 image

Bizmates(ビズメイツ)

ブランド信頼度No.1。無料体験受講者の50%以上が入会するビジネス英語の決定版プログラム、ビズメイツ。

講師選び
★★★★☆
予約
★★★★☆
教材の質
★★★★★
講師の質
★★★★★
通信環境
★★★★★
満足度
★★★★☆

サービスの詳細を見る

3 image

産経オンライン英会話

産経グループが運営!教材・サービスの充実度で選ぶなら産経オンライン英会話

講師選び
★★★★☆
予約
★★★★☆
教材の質
★★★★★
講師の質
★★★★☆
通信環境
★★★★☆
満足度
★★★★★

サービスの詳細を見る